ホームページを運営するとは


ホームページを更新(運営)しないことによる実害とは?

  • 更新(運営)しないということは、記載している情報が古いか、誤りがあるためお客様の誤解を誘発するなどご迷惑をかける。
  • お客様の自社に対する興味・関心がうすれて、ひいては信頼を失墜してしまう。
  • 「営業していないの?」など大きなイメージダウン。
  • 検索エンジンのクロール(巡回)がされなくなり、検索結果の順位が大きく下がってしまうため訪問者が減る。
  • 「うちのホームページ、パッとしない」などスタッフやその家族のモチベーションダウン。

回避するために選択しがちな間違いの3パターン

  • パターン1 自社の専任スタッフに更新(運営)させる
  • パターン2 自社の兼任スタッフに更新(運営)させる
  • パターン3 アルバイト、パートなどに更新(運営)させる

間違いという理由と解決方法は、ホームページ更新代行.comをご覧ください。