社内システムのお問い合わせについて

2014年12月頃より、「受発注管理」をキーワードに訪問していただけるユーザー様が多くなっています。
景気が回復基調にあることをにらんで、情報収集したいとの意向が反映されているのかもしれません。

しかしながら、

実際に電話やメールなどでお問い合わせされるのは、閲覧数のうち数パーセントの方々です。
お問い合わせいただけない方は、それぞれの理由で「問い合わせるに値せず」とのご判断があるのかとも思います。
そういった点では、弊社が発信する情報の信頼性や価値を高めるべく、大いに反省すべきと考えます。

ただ、“経営者の右腕”を標榜しているように、利害関係のない立場でのセカンドオピニオンは、現在のお取引先様には大変喜ばれております。
匿名でも発注を前提としていないお問い合わせでも対応しておりますので、どうぞお気軽にお声掛けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

Brabio!