フロント管理システム

フロント管理システムは、シティホテルやビジネスホテルの煩雑なフロント業務をシステム化することで、効率的な業務運営や省力化、サービスの質的な向上に寄与します。

フロント管理システムの必要性

基本となる機能は、3つあります。

  • 空き室状況や予約状況、部屋割など予約関連の管理を行なう「予約管理」
  • 宿泊履歴や個人情報・メモなどのお客様の情報を管理する「顧客管理」
  • チェックインやチェックアウト、請求書や領収書発行を行なう「フロント会計」

この3つのシステムによって蓄積したデータを、予約状況の推移や利用者集計表、顧客一覧などとして出力し、経営管理や営業戦略等に役立てることも可能です。

ホームページと連動させてネット上で空き室情報の提供や予約受付を行なったり、旅行サイトからの予約情報を取り込んだり、客室内の冷蔵庫やルームキーと連動させたりと、さまざまなシステムとの連携を図って機能を拡張してゆくことで、さらに便利で、経営効率の高いシステムを構築することができます。

ホテル向けフロント業務システムは、こんな悩みを解決します。

1.稼働率を上げたい。営業力を高めたい。

直前から何ヶ月か先の予約状況を正確に把握できるようになり、的確な予約対応や迅速な営業対応が可能となることで、稼働率のUPが見込めます。

また、システムをホームページと連動させることで、24時間休みなしの営業体制を敷くことが可能となり、営業力の強化につながります。

2.顧客からのクレームをなくしたい。

お客様からのクレームの原因となる日常業務の中の小さなミスも、システム化によって少なくすることができます。

例えば、既に予約済の部屋に別の予約を入れようとした際、注意音を鳴らす・入力不可にするという設定があれば、ダブルブッキングが防げます。このような設定を多く設けられることもシステムの魅力。予約状況を早く正確に把握することで、スピーディな顧客対応も可能となり、問い合わせのお客様を長く待たせることもありません。

3.具体的なデータに基づいて、経営計画を練りたい。

予約状況、顧客情報、売上げデータなど、日々蓄積されてゆくデータはそのまま経営計画を練るための貴重な資料となります。

また、予約状況の推移や利用者の年齢層、性別、人数などを具体的に把握することで、ポイントをおさえたPR活動も可能。自社の”強み”や”弱み”の発見にもつながり、得られるデータはホテル経営全般に有効に活用できます。

4.お客様に感動していただけるサービスを提供したい。

“おもてなし”と”システム化”の間には大きな溝があるように思われるかも知れませんが、実はこの二つは密接な関係を持っています。

顧客管理システムで、お客様の利用履歴や誕生日、記念日、好みなどのパーソナルな情報を把握できていれば、より心のこもったおもてなしが実現できるというもの。「私のことを知っていてくれる」「私に合わせたきめ細かなサービスをしてくれる」ということ以上に、お客様が満足し感動してくださるサービスはありません。

5.スタッフを笑顔にしたい、幸せにしたい。

「業務の効率化を図る」ことは、各業務の時間短縮にもつながり、「スタッフに時間的な余裕ができる」ことにもつながります。余裕があれば、お客様に配慮もできるし、スタッフ同士も互いに助け合えるもの。その行為でお客様から感謝され同僚からも感謝されれば、みんなが笑顔になり、サービスが向上していくといった好循環が生まれます。

また、システムを構築する際の業務の見直しも、スタッフにとってはモチベーションアップのきっかけになることでしょう。

 

解決策

貴社に最適な弊社または他社システムをご提案します。

 

フロント管理システム

弊社の標準品で解決する

費用

一式 税込315,000円~(別途パソコンなどが必要です)

適正範囲・業種

利用ユーザー数:1~50ユーザー
ホテル旅館業、施設レンタル業(会議室、レンタルボックス、フリーマーケット管理者など)

 

他社汎用品で解決する

費用

月額 税込21,000円~(3年間の利用で756,000円相当)

適正範囲・業種

ホテル旅館業

 

フロント管理システムに関して少しでもご興味があれば、お気軽にお問い合せください。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。