売上仕入管理システム


売上仕入管理システムは、商いの基本として売上先と仕入先があり、商材を仕入れて販売し、売り上げを計上する一連の基本サイクルを円滑に実行することに寄与します。

売上仕入管理システムの必要性

業務を行うには、相手先の「得意先」と「仕入先」の関係が欠かせません。
「得意先」と「仕入先」とは、4段階のステップを踏んで、業務処理をしていきます。ステップ1は受注処理・発注処理、ステップ2は売上処理・仕入処理、ステップ3は請求処理・支払処理。ステップ4は入金処理・出金処理。

「売上仕入管理システム」はステップ2の売上処理・仕入処理において、「得意先」と「仕入先」との関係を一括に扱うシステムということになります。

例えば、「得意先」と「仕入先」とは、取引に関する責任を明らかにし、後日の証拠とするために出庫伝票や仕入伝票の発行が必要になります。

「売上仕入管理システム」はこれらの必要となる伝票データをまとめたシステムとなります。

これにより、「得意先」と「仕入先」との関係をパソコンに体系的に保存(データベース化)し、効率よく管理することができるのです。

業務を管理システムとしては、ほかにも、「受発注管理システム」、「在庫管理システム」、「顧客管理システム」などがあり、「得意先」と「仕入先」との関係を支えるシステムのひとつとして、大きな役割を担っています。

では、具体的にどういった機能が備わっており、どういった効果が見られるのか紹介したいと思います。

売上仕入管理システムは、こんな悩みを解決します。

1.売上処理・仕入処理における効率アップです。

多くの会社では、膨大な伝票が発生します。最近の製品では、効率的に管理するために、各伝票の分類ができたり、付箋を付けられるなどの機能もあり大変便利になっています。

2.実績のデータ化です。

集計表などが充実していますから、売上や仕入の実績を容易に把握することができます。手書きの伝票では、計算機を取り出して、一つ一つチェックしていかなくてはなりません。

3.顧客管理です。

データベースを活用して、顧客情報を管理することもできます。顧客の入力時は一覧画面からボタン一つで転記できる機能が付いているものや、顧客情報の分類別けができる機能があるため、幅広い顧客管理が実現できるでしょう。

このように、「売上仕入管理システム」は「得意先」と「仕入先」との関係を強力にバックアップするため、確実な業務効率化や業務改革ができるのです。さらに、業務の正確性も増すため、オフィスのシステム化を数段レベルアップすることができるしょう。

「売上仕入管理システム」を社内に導入すれば、業務効率が格段に上昇します。現在製品となっているソフトウエアは大企業から、中小企業に至るまであらゆる業種、業態に対応しており、社内の状況に合わせてカスタマイズできるようにもなっています。より使いやすい製品も多く登場してますので、試してみることをお勧めします。

 

解決策

貴社に最適な弊社または他社システムをご提案します。

 

売上仕入管理システム

弊社の標準品で解決する

費用

一式 税込31,500円~(別途パソコンなどが必要です)

適正範囲・業種

1拠点の利用PC数:1台
農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業、金融・保険業、不動産業、複合サービス事業、サービス業、公務、飲食店・宿泊業、医療・福祉、教育・学習支援業

費用

一式 税込157,500円~(別途パソコンなどが必要です)

適正範囲・業種

1拠点の利用PC数:1~10台
農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業、金融・保険業、不動産業、複合サービス事業、サービス業、公務、飲食店・宿泊業、医療・福祉、教育・学習支援業

 

他社汎用品で解決する

費用

一式 税込525,000円~

適正範囲・業種

複数拠点の利用PC数:1台~
農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業、金融・保険業、不動産業、複合サービス事業、サービス業、公務、飲食店・宿泊業、医療・福祉、教育・学習支援業

 

売上仕入管理システムに関して少しでもご興味があれば、お気軽にお問い合せください。